Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C29] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-06-16
  • 投稿者 :
  • 編集

[C30] ・・・え?

し、白い悪魔ッ!!?
フェイト死ぬ!?
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : ポン田
  • URL
  • 編集

[C31] (※注

「魔法少年ロジカルなのは」はなのは×フェイトを目標にしています。


……本当ですよ?
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C32] コメント

こいつの血は絶対に赤色じゃね~~! 世間知らずなフェイトも悪いけど、あれだけのことをするなのはも鬼畜ですね。
なのは×フェイトって第一印象が間違いなく最悪でしょう、いったいどうやって?
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : 遼
  • URL
  • 編集

[C33] 困難な 方が燃えうる 恋もある

>世間知らずなフェイトも悪いけど
むしろ小学三年生で腹のさぐり合いしてるなんて想像したくありませんねwww 君だけは純粋でいてくれwww

>第一印象最悪だろてめえどうするんだこら
気合いd(#´∀`);y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C37]

初めましてー。
なのは×フェイトと信じて今まで読み続けていたら、なにこの状況。(汗w
まぁ、第一印象が最悪ならそれ以上下がる事はないから、あとは上げるだけな状態に持っていったのでしょうか?(汗
……しかし、こんな状態から好感度アップなんてもう手篭めにす(PAN!
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : 頭痛
  • URL
  • 編集

[C82]

こ、怖っ!
なのはさん怖いよ!! 真っ黒だよ!!
白い悪魔じゃなくて、黒い悪魔だよ。

…しかし、読んでて爆笑しました。
  • 2006-07-15
  • 投稿者 : 名無し鬼畜
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/108-9100197e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

魔法少年ロジカルなのは3-3(3)

「えっ?」

振り向こうとしたところでのどに強烈な圧迫感を感じた。それもそのはず、いつの間にか近距離まで接近したなのはの姿が底にあり、中指だけを第一関節まで立てたこぶしがのど元にめり込んでいたのだから。
普通の打撃には骨や筋肉が重要な器官にダメージが及ばないように衝撃を吸収してくれるのだが、この場所は人体の中でもいくつかある例外のひとつ、人体急所だった。気管が圧迫されると同時に衝撃は脊髄にまで達し脳を揺さぶる。フェイトは自分が攻撃されたことさえすぐに認識できなかった。

「……かはっ……!!」

呼吸が乱れるなどという生易しい代物ではない。息を吸っても酸素が届かないそれは生き地獄といっても差し支えなかった。
ここまで深刻なダメージを受けては立ち続けることなど望むべくもなく、フェイトの足は弱弱しく崩れ落ちる。そこに一切無駄のない蹴りがフェイトの腹部に直角に突き刺さった。踏ん張りを利かせられないフェイトの体はほぼ地面と平行に吹き飛び、木の幹に激突して停止する。背骨が悲鳴をあげ、衝撃で肺の中の空気が口から漏れた。

「あぐっ……!!!」

気管に続いて肺自体を圧迫され、いよいよフェイトの意識は朦朧とする。完全に気絶しなかっただけ大したものだが、もはや魔力でフォローしたところで戦闘どころが歩くことすらままならない。ジュエルシードを欲する気持ちだけがなんとか意識を支え、手を握らせ続けていた。
しかしここにきてすら一切の容赦がないのがなのはだった。いつの間にか待機モードを解除していたレイジングハートを瀕死のフェイトに向け、

「シューティングモードへ移行。目標前方……ファイア」

一条の光が月村邸の閉鎖された空間を裂いた。



「命中、っと。レイジングハート、念のためにもう一発ね」
(ちょっとまてええええええええええええええええええええええええいい!!!)

魔力の際チャージを始めたなのはに死に物狂いのつっこみが入る。未だに額からの出血は止まらず意識朦朧だが、今つっこまずにいつつっこむという謎の気迫がユーノに宿っていた。

「いつものごとくうるさいな。なに?」
(なに? じゃないよ! なにやってんの君は!!)
「不意打ち」
(良心回路なにやってんのぉ!!!)
「そんなの最初っからあるわけないじゃん」

人造人間ですら装備しているものをなのははあっさりと否定した。

(フェイトって娘、大丈夫かな……)
「大丈夫だよ」
(ぜんぜん大丈夫じゃないよ!! 的確に人体急所に打撃を叩き込んでとどめまで刺してるじゃないか!!!)
「だからもう起き上がれないって意味で大丈夫って。さっきの攻撃のコツはね、相手が油断しているところを、鎖骨と鎖骨の間の心持ち上を狙って突くことだよ。人体急所だからね、息するだけでも苦しいはずだよ。それともなんか別の意味で言ってるの?」

心底分からないというような顔でなのはは首をかしげる。

(……一応聞いておくけど、相手が女の子だからっていう配慮は?)
「う~ん、確かに胸とか股間には男性以上に神経が集中しててダメージになりやすいけど……そこまでやる必要もないしね。そういえば素人は金的が男性限定の技だって思ってるみたいだけど、実は的確に当てれば女性にも効くんだよ。まあこの場合金的っていう技目は変えたほうがいいかも知れないけどね。知ってた?」
(そんな実践したら人間として最低なトリビア知りたくない!! そうじゃなくて女の子相手だから手加減するとかしないとかだよ!!! )
「はぁ? あはは、ユーノくんって思ったより冗談上手なんだね。戦いでそんな甘っちょろいことほざいてられないってば」

まるで歴戦の傭兵の言い草である。

(最初の善人面は全部演技だったのか!)
「あんな大根芝居信じるほうが悪いよ」

少なくともユーノの目からは完璧な演技だった。あんな笑顔を見せ付けられれば腹の底で東京湾のヘドロよりドス黒い企みをしているとは夢にも思うまい。

(良心が痛まないのかいなのはは!?)
「良心で勝負に勝てるかよ」
(言い切った!? な、なんてやつだ……君の血は何色だぁ!!!)
「緑」
(ガ○ラス!?)
「冗談だよ。酸素をヘモグロビンで運んでるんだから赤じゃないの? ……うん、これくらい近づけば十分かな」

ユーノと漫才まがいの念話をしながら動いていた足を止める。その地点とフェイトとの距離は1mもなかった。レイジングハートを突きつけると先が触れるか触れないかのゼロ距離だ。
フェイトは木に寄りかかりながら顔を上げ、勝ち誇った笑みを浮かべながら魔力をチャージするなのはの姿を見て顔を歪めた。





――――――――――――――――――――――――――――――
補足

だが私は謝らない。

スポンサーサイト

7件のコメント

[C29] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-06-16
  • 投稿者 :
  • 編集

[C30] ・・・え?

し、白い悪魔ッ!!?
フェイト死ぬ!?
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : ポン田
  • URL
  • 編集

[C31] (※注

「魔法少年ロジカルなのは」はなのは×フェイトを目標にしています。


……本当ですよ?
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C32] コメント

こいつの血は絶対に赤色じゃね~~! 世間知らずなフェイトも悪いけど、あれだけのことをするなのはも鬼畜ですね。
なのは×フェイトって第一印象が間違いなく最悪でしょう、いったいどうやって?
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : 遼
  • URL
  • 編集

[C33] 困難な 方が燃えうる 恋もある

>世間知らずなフェイトも悪いけど
むしろ小学三年生で腹のさぐり合いしてるなんて想像したくありませんねwww 君だけは純粋でいてくれwww

>第一印象最悪だろてめえどうするんだこら
気合いd(#´∀`);y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
  • 2006-06-16
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C37]

初めましてー。
なのは×フェイトと信じて今まで読み続けていたら、なにこの状況。(汗w
まぁ、第一印象が最悪ならそれ以上下がる事はないから、あとは上げるだけな状態に持っていったのでしょうか?(汗
……しかし、こんな状態から好感度アップなんてもう手篭めにす(PAN!
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : 頭痛
  • URL
  • 編集

[C82]

こ、怖っ!
なのはさん怖いよ!! 真っ黒だよ!!
白い悪魔じゃなくて、黒い悪魔だよ。

…しかし、読んでて爆笑しました。
  • 2006-07-15
  • 投稿者 : 名無し鬼畜
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/108-9100197e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

コンテンツ

小説置き場

プロフィール


↑↑↑↑↑↑↑↑
訪問者

館長

Author:館長
住所・東北出身東北住まい。

職業・学生かも知れないし社会人かも知れないしNEETかもしれな(ry

趣味・読書、ネット巡り、雑学収集、アニメ鑑賞等々。

サイト情報・ニュースを紹介、小説を公開など。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。