Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C34]

こんばんわー。
オープンがよろしいようなのでオープンで行きますね。

うん、素晴らしい外道っぷりが素敵だよなのは君(褒め言葉。

個人的にこういうタイプは初めて見ましたが、うん、大好きだ(ぇ
や、何ていうか割り切ってるというか、切り捨てられるというか、一種悟ってるとか、そういうのが好きらしいんですよね、私はw
まぁ一発目の砲撃魔法を殺傷設定にしておけば、もっとダメージを与えられたかもねー(ちょw

しかし、なのは×フェイトらしいですが、どうやって二人がそうなるのかが見物だなー。 「あんな奴に負けない」とか凄えw これでカップリングになったらフェイトさんはツンデレにでもなるんですかねw あるいはなのはが優しげに声をかけると、怯えるか「頭大丈夫?」と聞いてくるとか想像が膨らみますね。 こんちくしょうめw

>でもそのセリフ、一字一句ぴったりでビビリましたw お前はエスパーかwww

ごめんw 自分で何書いたか覚えてないw

しかし、アニメに比べるとこっちのなのはは隙がないなw 近づけば重たい拳が飛んでくるしw しかしガチンコということは某勇者王みたいに最終決戦では、魔導師でデバイス持ってるのに拳で殴り合い宇宙(ソラ)な状態になるんでしょうかw あ、イイナーそれw なのはとフェイトに、互いにクロスカウンターとかして欲しいwww

ところでこの作品ってA’s編はあるんでしょうか。 あったらなのはとヴィータでえらいことになりそうですがwww

[C35] 返信……とうっ!

オープンありがとうございます。

外道。原作なのはにこれ以上似合わない言葉があるだろうか嫌ない。(女々しいとかだらしがないとかも似合わないけど)

>殺傷設定
いやぁ、それも考えたんですけど、なのは的には殺すつもりは無いんですよ。それは色々とめんどくさいと本人も分かってます。本気でやろうと思えばやりますけどねw

>フェイトツンデレ
他のSSを見てるとどうもフェイトは素直テレルなので、新しい形かとw

>ごめんw 自分で何書いたか覚えてないw
ちょwww おまwww

>なのはは隙がないなw
このなのはは強いですよw なによりどんな卑怯な作戦でもとる根性と図太さがあるのでwww

>A's編
上手く完結することが出来たら書こうと思ったり思わなかったり。
とりあえずヴォルケンズとは速攻で全面戦争になるでしょうw
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C36] コメント

最低………その程度の言葉ではなのはの酷さは表現できませんね。てゆか小3の子どもじゃないでしょう絶対。
前のコメントでも書いたけど、ここからなのは×フェイトにするのに違和感なくするためには作者の力量が試されますね
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : 遼
  • URL
  • 編集

[C38] 初感想です。

初感想です。始めまして、ミッキーです。
敵と認識したからには老若男女容赦なし。
徹底的にな。
ブラボー!!おおブラボー!!
個人的に大好きなんですよね、
徹底的とか容赦なしとか。
己の中のルールを貫くヤツは大好きですよ。
弱いものイジメは嫌いですが、
相手が弱くなきゃ外見がか弱い美少女だろうが外道技上等!!

この調子で執筆がんばってください。
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : ミッキー
  • URL
  • 編集

[C39] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-06-18
  • 投稿者 :
  • 編集

[C40] 白い悪魔というか、白いプチ食人鬼(オーガ)?w

 なのは…不意打ちで魔力弾で気絶位だと思ってたけどなんか予想の斜め上と言うか、ある意味想定の範囲内というか・・・ってきり『あの子男の子だよ?』とかいったオチでも着くと思ってたけど…原作なのはも、いろんな所でどっちが悪者か分からないとか、白い悪魔とか色々言われてますがココまでは外道じゃ無いでしょう^^;
フェイトの方に勝って貰いたいとか、こいつ一片痛い目に会った方が良いいんじゃ?とか思ったのは俺だけじゃないはずw
  • 2006-06-18
  • 投稿者 : Ques
  • URL
  • 編集

[C43] 外道上等!

>遼さん
>最低………その程度の言葉ではなのはの酷さは表現できませんね。てゆか小3の子どもじゃないでしょう絶対。
それは私も思ってた。(ぉ

>前のコメントでも書いたけど、ここからなのは×フェイトにするのに違和感なくするためには作者の力量が試されますね。
ぶっちゃけやりすぎたかなと後かi(ry



>ミッキーさん
>初感想です。始めまして、ミッキーです。
はじめまして。

>敵と認識したからには老若男女容赦なし。
>徹底的にな。
>ブラボー!!おおブラボー!!個人的に大好きなんですよね、徹底的とか容赦なしとか。己の中のルールを貫くヤツは大好きですよ。弱いものイジメは嫌いですが、相手が弱くなきゃ外見がか弱い美少女だろうが外道技上等!!
世の中プライドじゃ勝てんのですw

>この調子で執筆がんばってください。
とりあえずリポビタンDの大量投入を検討します。


>Quesさん
>なのは…不意打ちで魔力弾で気絶位だと思ってたけどなんか予想の斜め上と言うか、ある意味想定の範囲内というか・・・ってきり『あの子男の子だよ?』とかいったオチでも着くと思ってたけど…原作なのはも、いろんな所でどっちが悪者か分からないとか、白い悪魔とか色々言われてますがココまでは外道じゃ無いでしょう^^;
原作でここまでの外道さを表現してくれたなら、私はリリカルなのはを宇宙の果てまででも伝播します。

>フェイトの方に勝って貰いたいとか、こいつ一片痛い目に会った方が良いいんじゃ?とか思ったのは俺だけじゃないはずw
実は私もw
  • 2006-06-21
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/109-0980aa49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

魔法少年ロジカルなのは3-3(4)

つい最近コメント欄に管理者だけしか見れないという設定が有ることを知りました。
見てみると数週間前のコメントに未返信でした……orz

見られたくないなら堂々と引用返信もマズイかと思ったので、分かる人にだけ分かる風味で返信します。

>くつとさん
普通に間違えてました……南十字星ですか。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥とはよく言ったものです。感謝。
クロノくんの扱いは……未定ですかね(ぉ


>ユキさん
なのはジュエルシード無関心プロットもあったのですがボツに。でもそのセリフ、一字一句ぴったりでビビリましたw お前はエスパーかwww
これからはなのはVSフェイトが多発すると思われます。ガチでヤりあいまくりです(卑猥

>Quesさん
ニコポ、いわゆる最強系で多発してる奴ですね。まぁアリサはこれ以前にも色々と要因が絡んでますからそんなに不自然というつもりはありませんでした。これからはもちっと自然に流れを作れるようにしたいと思います。
フェイトの方は……ふふふw

>抹茶利さん
一刻も早く更新。これが私の限界です本当にありがとうございました。
まだまだ最初ですから、逆転満塁ホームランはあり得ますよ?




返信終わりです。
出来れば普通にコメントしていただけた方が返信しやすいので、そちらにお願いできればと。
web拍手設置しようかなぁ。


では、続きを読むで本編です。
「だました……の?」

フェイトの声は少しかすれていた。最初の一撃を受けてのどが腫れたりしているのだろう。

「まさかあんな大根芝居を信じるなんて思わなかったけど。今度からはもうちょっと人を疑ってかかった方がいいよ?」
「くっ……」

フェイトは親の敵でも見るような目でなのはを睨みつけるが、なのはは全く笑顔を崩さない。

「一般人が使っても暴走するような危ない物を本物の魔導師に渡すわけないでしょ? 警察みたいな組織ならいざしらず、いきなり攻撃してきたところを見るとそうでもないみたいだし。今のところ自分で集めて自分で管理するのが一番安全だから、私はひとつ残らず自分の手で回収しようって決めたの。”あなた”が何のためにコレを欲しがってるのかは知らないけど、そんなの知ったことじゃない。ましてまともに説明できないような理由で欲しがってる人とは話し合いもするつもりないから。
あなたも本気でコレが欲しいなら、これくらいの手段をとることくらい覚悟すべきだよ。たとえ笑っちゃうくらい純粋な女の子を騙しても手に入れる、ってね。もう遅いけどさ。二度と邪魔にならないように腕か足か折っとくから」
「……最……低」

いや全くその通り。
ユーノは心の底から同意した。フェイトのありとあらゆる負の感情を凝縮したようなあざけりを受けても気にしないどころが、逆に嬉しそうに笑っているなのはの顔を見れば100人が100人同じ台詞を吐くだろう。神に誓ってもいい。
ユーノはそんななのはを引き込んでしまった自責の念に駆られつつ、助けようとも思ったが持ち前のヘタレっぷりでちっとも体が動かず、フェイトの無事を祈ることしかできない。

「やだな、褒めても何もでないよ? まぁ殺さないだけありがたいと思って……っと、そうだそうだ、このジュエルシードは貰っておくから」
「っ……!!」

懸命にジュエルシードを握り締めていた右腕をなのはが踏みつける。それが駄目押しとなってフェイトの手からジュエルシードが零れ落ちた。
それらを拾い上げてレイジングハートの再び取り込んで、

「じゃあこのままボキっと……ん?」

妙な気配を感じてその場から飛びのいた。次の瞬間フェイトを中心として地面に魔方陣が現れる。

(て、転送魔法!)

結界に無理やり穴が開けられる感覚にユーノは喜んだ。なのはのパートナーとしてはフェイトを逃がさないように転送を妨害すべきだし、それも可能であったが、ユーノはむしろ結界を弱めて転送を助けた。いくらなんでもなのはがあんな少女の腕を折る様など、そして少女が腕を折られる様など、見るに耐えない。
幸い転送魔法を使った術者は優秀だったようで、なのはが手負いの敵を逃がすまいと再びチャージした砲撃が発射される前に転送は完了、フェイトの姿は跡形もなく消え去った。

(……ど、どこかに逃げたみたいだ)

ユーノの報告を聞いたなのはの舌打ちは実に忌々しげだった。普段なら男が花束を持って言い寄ってくる魅力は、街角で声をかけただけで有り金全部を財布ごと渡して靴をなめてしまうほどの危険な迫力へと変貌している。
ここで転送を妨害しようとすればできたと言ったらどうなるか考えてみたが、想像だけでショック死できそうな予感がしたのでやめた。

「まぁいっか。十分に威嚇にはなったし……もし次に会ったらその時に、ね」

その時になんなのか詳しく聞いてみかったが、聞いたら心に二度となのはのそばにいられないような致命的なダメージを負う気がしたのでやめた。もう十分傷を負ってる気もしたが考えれば考えるほど鬱になるのでやっぱりやめた。
いっそのこと何もかもやめたかったがそんな力も覚悟もないのでこれもやめた。

「で、でも意外だったな。なのははアレだけジュエルシードを集めるの嫌がってたのに。あのままフェイトって子に任せるのかと思ったよ」
「もうちょっと前ならそうしてたかも知れない。だけど前にも言ったと思うけど街全体に影響するような暴走をされたらアリサちゃん達を守りきる自信がないもん。この前だって実際巻き込んじゃったし。力を過小評価していたことに気付いたなら対応を変えることも不思議じゃないでしょ? 関わらない方が守れるのか、関わった方が守れるのか、それが変わっただけだよ」

不思議な考え方だとユーノは思った。自分の周り以外は一切興味がないとしておきながら、大事な人間を守るためには自分の危険などいとわない。決して利己的ではないが公共性は皆無。

「……シビアというか何というか……」
「分からないなら、気が変わっただけだって思っておいて。それよりユーノくん、結界を解除していいよ。アリサちゃんたちの所に戻らないとね」
「う、うん!」

少なくともジュエルシードを他人に任せることができないと思っているのはユーノも同じだったし、結果的にはこれでよかったのかもしれない。そう納得することは決して間違いではないだろう。




ちなみにこの後お茶会に復帰したなのはは、それはもうひまわりの明るさとアジサイの健気さと桜の可憐さと青葉の若さをブレンドしたすばらしい笑顔を振りまきまくった。あまりの豹変振りに油断したユーノが転送魔法を妨害できた旨を告白してしまい、家に帰って地獄絵図を見たことは別にどうでもいい話である。




――――――――――――――――――――――――――――――





「……」
「フェイト……? フェイト! 目が覚めたのかい!?」

目を開けると最初はぼやけてしか見えなかった。それでも目の前にいるのが誰かは分かる。私の使い魔で一番の友達のアルフだ。私を心配する感情がいつも以上にラインを通じて流れ込んできた。

「ここは……」

知らない部屋の中だと思ったのは、この前から私が住むんでいるマンションの寝室だった。枕もとのライトだけがついた薄暗い部屋で私はベットに寝ているらしい。
おかしいな。ベットに入った記憶はないんだけど。
よく分からないまま起き上がろうとすると右腕に痛みが走った。

「あうっ……」
「まだ起き上がっちゃ駄目だ! 骨にひびが入ってるんだ。治癒魔法はかけておいたけどすぐには治らないよ」

人型になっているアルフは私に言い聞かせながらやさしく肩を押さえた。ベッドが小さく軋む。
近頃はめっきり感じなかった類の痛みだった。体が寒くなる魔力的なダメージとはまた別の、熱く焼かれるような痛み。子供の頃の格闘の練習で骨を折ってしまったときの記憶がよみがえる。

「そっか……私……」

そのまま一気にあの子のことも思い出した。私に笑いかけて、手を握って、全部演技だと言い切ったあの子のことを。

「ごめんフェイト……私がついていけばこんなことには……」
「ううん。一人で大丈夫って言ったのは私だし、アルフはちゃんと助けてくれた。気にしないで」

この右腕だって、アルフが転送してくれなかったらひびでは済まなかっただろうし、足も同じことになっていたはずだ。アルフは全然悪くない。感謝はしても怒るなんて事はしない。
そう伝えてもアルフは自分を責めるような悲しい顔のままだった。

「でも!」
「私はアルフのそんな顔見たくない。笑って欲しいんだ」
「フェイト……」
「ほら、笑って?」
「……私も、フェイトに笑って欲しいよ」

やっとアルフは笑ってくれた。泣いてるような、笑ってるような、ちょっとだけ変な顔だったけど。
でもすぐに怖い顔に変わった。アルフは見かけによらず――こんな事を言うと拗ねるかもしれないけど――優しい心を持っている。だからアルフのこんな顔を見るのは久しぶりだった。

「あいつ、許せないよ……! フェイトを騙して、不意打ちして、こんな目にあわせて……いくらなんでも卑怯だ、ひどすぎる!!」

左手で頭を撫でる。
蹴られたおなかはまだ少し痛い。

「あの子、強いよ。すごい早さだった」
「でもフェイトが油断しなければ……!」
「絶対に勝てる?」
「……」

それは私にも分からなかった。
早くて正確で重い格闘。荒々しいけれど威力は十分過ぎる魔法。正面から撃ち合ったらまず勝ち目はないと思う。だけど近付いたから有利になれるわけでもない。単純な作戦が通用する相手でもないだろう。

「だけど……」

ジュエルシードを手に入れる意思は、私にだってある。
母さんが望むことを私は叶えてあげたい。この気持ちは誰にも負けない。
だから……”あんな奴”には絶対に、絶対に、

「ジュエルシードはあきらめない。だからあの子とも……高町なのはとも、ぶつかる。その時は……」

絶対に。

「負けない」










――――――――――――――――――――――――――――――
あとがき

だが私は謝らない。
スポンサーサイト

7件のコメント

[C34]

こんばんわー。
オープンがよろしいようなのでオープンで行きますね。

うん、素晴らしい外道っぷりが素敵だよなのは君(褒め言葉。

個人的にこういうタイプは初めて見ましたが、うん、大好きだ(ぇ
や、何ていうか割り切ってるというか、切り捨てられるというか、一種悟ってるとか、そういうのが好きらしいんですよね、私はw
まぁ一発目の砲撃魔法を殺傷設定にしておけば、もっとダメージを与えられたかもねー(ちょw

しかし、なのは×フェイトらしいですが、どうやって二人がそうなるのかが見物だなー。 「あんな奴に負けない」とか凄えw これでカップリングになったらフェイトさんはツンデレにでもなるんですかねw あるいはなのはが優しげに声をかけると、怯えるか「頭大丈夫?」と聞いてくるとか想像が膨らみますね。 こんちくしょうめw

>でもそのセリフ、一字一句ぴったりでビビリましたw お前はエスパーかwww

ごめんw 自分で何書いたか覚えてないw

しかし、アニメに比べるとこっちのなのはは隙がないなw 近づけば重たい拳が飛んでくるしw しかしガチンコということは某勇者王みたいに最終決戦では、魔導師でデバイス持ってるのに拳で殴り合い宇宙(ソラ)な状態になるんでしょうかw あ、イイナーそれw なのはとフェイトに、互いにクロスカウンターとかして欲しいwww

ところでこの作品ってA’s編はあるんでしょうか。 あったらなのはとヴィータでえらいことになりそうですがwww

[C35] 返信……とうっ!

オープンありがとうございます。

外道。原作なのはにこれ以上似合わない言葉があるだろうか嫌ない。(女々しいとかだらしがないとかも似合わないけど)

>殺傷設定
いやぁ、それも考えたんですけど、なのは的には殺すつもりは無いんですよ。それは色々とめんどくさいと本人も分かってます。本気でやろうと思えばやりますけどねw

>フェイトツンデレ
他のSSを見てるとどうもフェイトは素直テレルなので、新しい形かとw

>ごめんw 自分で何書いたか覚えてないw
ちょwww おまwww

>なのはは隙がないなw
このなのはは強いですよw なによりどんな卑怯な作戦でもとる根性と図太さがあるのでwww

>A's編
上手く完結することが出来たら書こうと思ったり思わなかったり。
とりあえずヴォルケンズとは速攻で全面戦争になるでしょうw
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C36] コメント

最低………その程度の言葉ではなのはの酷さは表現できませんね。てゆか小3の子どもじゃないでしょう絶対。
前のコメントでも書いたけど、ここからなのは×フェイトにするのに違和感なくするためには作者の力量が試されますね
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : 遼
  • URL
  • 編集

[C38] 初感想です。

初感想です。始めまして、ミッキーです。
敵と認識したからには老若男女容赦なし。
徹底的にな。
ブラボー!!おおブラボー!!
個人的に大好きなんですよね、
徹底的とか容赦なしとか。
己の中のルールを貫くヤツは大好きですよ。
弱いものイジメは嫌いですが、
相手が弱くなきゃ外見がか弱い美少女だろうが外道技上等!!

この調子で執筆がんばってください。
  • 2006-06-17
  • 投稿者 : ミッキー
  • URL
  • 編集

[C39] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-06-18
  • 投稿者 :
  • 編集

[C40] 白い悪魔というか、白いプチ食人鬼(オーガ)?w

 なのは…不意打ちで魔力弾で気絶位だと思ってたけどなんか予想の斜め上と言うか、ある意味想定の範囲内というか・・・ってきり『あの子男の子だよ?』とかいったオチでも着くと思ってたけど…原作なのはも、いろんな所でどっちが悪者か分からないとか、白い悪魔とか色々言われてますがココまでは外道じゃ無いでしょう^^;
フェイトの方に勝って貰いたいとか、こいつ一片痛い目に会った方が良いいんじゃ?とか思ったのは俺だけじゃないはずw
  • 2006-06-18
  • 投稿者 : Ques
  • URL
  • 編集

[C43] 外道上等!

>遼さん
>最低………その程度の言葉ではなのはの酷さは表現できませんね。てゆか小3の子どもじゃないでしょう絶対。
それは私も思ってた。(ぉ

>前のコメントでも書いたけど、ここからなのは×フェイトにするのに違和感なくするためには作者の力量が試されますね。
ぶっちゃけやりすぎたかなと後かi(ry



>ミッキーさん
>初感想です。始めまして、ミッキーです。
はじめまして。

>敵と認識したからには老若男女容赦なし。
>徹底的にな。
>ブラボー!!おおブラボー!!個人的に大好きなんですよね、徹底的とか容赦なしとか。己の中のルールを貫くヤツは大好きですよ。弱いものイジメは嫌いですが、相手が弱くなきゃ外見がか弱い美少女だろうが外道技上等!!
世の中プライドじゃ勝てんのですw

>この調子で執筆がんばってください。
とりあえずリポビタンDの大量投入を検討します。


>Quesさん
>なのは…不意打ちで魔力弾で気絶位だと思ってたけどなんか予想の斜め上と言うか、ある意味想定の範囲内というか・・・ってきり『あの子男の子だよ?』とかいったオチでも着くと思ってたけど…原作なのはも、いろんな所でどっちが悪者か分からないとか、白い悪魔とか色々言われてますがココまでは外道じゃ無いでしょう^^;
原作でここまでの外道さを表現してくれたなら、私はリリカルなのはを宇宙の果てまででも伝播します。

>フェイトの方に勝って貰いたいとか、こいつ一片痛い目に会った方が良いいんじゃ?とか思ったのは俺だけじゃないはずw
実は私もw
  • 2006-06-21
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/109-0980aa49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

コンテンツ

小説置き場

プロフィール


↑↑↑↑↑↑↑↑
訪問者

館長

Author:館長
住所・東北出身東北住まい。

職業・学生かも知れないし社会人かも知れないしNEETかもしれな(ry

趣味・読書、ネット巡り、雑学収集、アニメ鑑賞等々。

サイト情報・ニュースを紹介、小説を公開など。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。