Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/121-749dbc09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

魔法少年ロジカルなのは4-2(3)

「ちゅー……ちゅー……っぷはぁ、生き返るぅ~」
「あ、私はただの牛乳ね」
「私はアクエリアスで」
「あ、うん」

ぽいと投げられた100円硬貨二つを自動販売機に投入してスイッチを押し、出てきた二つの飲料を手に二人の下へ。
どこからどうみてもパシリであったが、特に思うところもなくこれをやってしまうあたり、なのはの目指す漢への道のりはまだまだ遠いだろう。

「二人とも、もうちょっと手加減してくれてもいいと思うんだけど」
「ふん、なにバカ言ってんのよ。あれだけのことをしておいて……」

そこでアリサは言葉に詰まり顔を赤くした。すずかも俯いて顔は見えないが、髪の間から覗く耳が真っ赤だ。”あれだけのこと”を思い出しているのだろう。
なのはの頭の中でもそのときの情景と指の感触が鎌首をもたげ、次第に頬が熱くなっていった。これではユーノと変わらないではないかと自分を責め、忘れろ忘れろと念じ続けるが、あまりに鮮烈に刻み込まれた記憶はおそらく死ぬまで消えることはないだろう。

「あ、あれだけのことをしておいて、これぐらいで許されるとは思わないでよね! 今度なにかおごってもらうから!!」
「そんな……今月結構ピンチなんだけど」
「そういえば欲しいゲームあったっけ」
「すずかちゃんまで!?」

涙目になるなのはにちょっとした優越感を感じつつ、実のところすでにアリサはなのはを許しつつあった。
見られたり触られたりと恐ろしく恥ずかしい目に遭ったことは確かだが、あのなのはが自分の裸を見るために女湯に乱入してきたと考えると、なぜか怒りだけではない別の感情も生まれてくるのだ。
一番気に入らないのは裸を見られたことではなく、同じような目にすずかも遭っていること。
なによ、私だけじゃ足らないってわけ? とアリサ自身もよく分からないような怒りに燃えていた。

もし他に誰もいない、すずかもいないところであんな真似をされたら……私は、拒絶できた?

「そ、それにしてもここ、ずいぶん設備が充実してるわよね。ビリヤード、ダーツに麻雀まであるし」

18歳未満閲覧禁止になりそうな自分の妄想を誤魔化すように、旅館の遊戯室を見回しながらアリサが言った。
もちろんどれもが無料で使用できる施設である。

「やってみる?」
「やめとくわ。ダーツはすずかが強いし、ビリヤードはなのはに勝てないし、麻雀は私だけできないし」

以前月村邸でどれもやってみたことがあったが、アリサはどれをやっても一度も勝てなかった。なのはとのビリヤードは一度も出番が回ってこないうちに全部の玉が落とされたのだから勝負にならない。
勉強、スポーツといった”まともなもの”は三人の中で終始アリサがリードするのだが、遊びの類になると二人の強さは異常だった。特にアナログのテーブルゲームをすずかは得意とし、なのははテレビゲームを得意とする。
これは両親がいてかつ活発的なアリサに対して、家族とのふれあいが少なく内気なすずかと家族が忙しく一人でいることが多かったなのはが一人遊びに傾倒した結果であった。
アリサもそんな二人の強さの理由に感づいてはいたが、別に同情はしないし(それは二人に失礼だと思っている)、そう何度も何度も負け続けでは楽しくない。

「そろそろ部屋に戻りましょ。夕食は六時からって言ってたから、三時間もあれば人生ゲーム一回でちょうどいいし」

そんな三人が伯仲の勝負を演じることができる数少ない遊びのひとつが人生ゲームであった。このゲームは運によるところが非常に大きく、経験によって強さに大きく差が生まれない。
すずかとなのはの二人もアリサを負かすことが目的ではないので、単純に楽しむことができるこのゲームは三人の遊びの定番だ。

「うん、賛成かな」
「この前は負けちゃったけど、今度はそうは行かないからね」
「あはは、お手柔らかによろしく」
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/121-749dbc09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

コンテンツ

小説置き場

プロフィール


↑↑↑↑↑↑↑↑
訪問者

館長

Author:館長
住所・東北出身東北住まい。

職業・学生かも知れないし社会人かも知れないしNEETかもしれな(ry

趣味・読書、ネット巡り、雑学収集、アニメ鑑賞等々。

サイト情報・ニュースを紹介、小説を公開など。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。