Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C74]

>だが私は~
決して謝らないでください。
ありのままのあなたでいてください。
そんなあなたが、大好きです。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : 名無し鬼畜
  • URL
  • 編集

[C75]

>>レイジングハートの先端をアルフの後頭部に突きつける。
 
 大技を放つ前にマズ相手の動きを止める、基本に忠実な良い戦い方ですねw

>>『ちょぉおおおおおおおおおおおおおおおおっとまてぇええええええええええええええええええええええ!!!!』

 今読者と彼の心が一つにw(ってか殆どの人は似たような事思ったでしょうね…
 
 何となく思ったけど、アニメ版のフェイトはなのはと知り合って良く笑う様に成ったけど、コッチのフェイとはなのはに毒されて良く嗤う様に成りそうですねw
なんていうか(ア)『昔はあんなに素直な良い子だったのに』って感じで。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : Ques
  • URL
  • 編集

[C76] ハァハァ……(ぁ

私は軽度のサドです(挨拶

ちょw砂とかw古典的で大好きなのキタwww

>「ああもう、エビならエビらしく、手なんか使っちゃだめだよぅ」
>「だからって脚もだ~め」
モエス…。
御免。この台詞にマジ萌えwwwコレじゃなくてもイイから、こんな口調で原作のなのはにも一度言ってもらいたいwww

手を払って膝裏を踏んで、こめかみぐりぐりで、いや、ね? あの…まぁ、大きい声では言えないんですが、勃起……しちゃいましてね?w あのね、なのは、ちょっと俺にその踏んだりするのかわっt(# ゚∀゚);y=ー(・ω・)・∴ターン

>すぐに同でも良くなった。
どうでも、って平仮名でよくね?

>ディバインバスター
どうせなら外道バスターに解明しましょうよw あー外道は英語にすると異端とかを含めるヘレシーとかいう言葉になるのか…。ダサいなーw止めて置くべきか…w

>『ちょぉおおおおおおおおおおおおおおおおっとまてぇええええええええええええええええええええええ!!!!』
ちょー。ユーノー?やーめーてー。
ええとこやのにー(ぉ
リミッター解除して風呂除きに行った子が(失敗したけどw)、倫理とかで説教?笑えるwwwwww まったく私はさらなる外道を求めているのに…(ぁ

>だが私は謝らな(ry
結構です。むしろこんな良作を私達に有難う。これからも良い外道なのはをお願いします。

ノシノシ
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : ユキ
  • URL
  • 編集

[C77] 家族や親友を護るべく、最善を尽くす偽悪少年へ・・・・

館長さまへ

これまでARCADIAへのご投稿を待つように努めていましたが、我慢しきれずお邪魔させていただいています~。

フェイトとの遭遇戦、アルフの強襲と、自己の現状を冷静に見据え、戦略的な大劣勢を知略、痩せ我慢総動員で、懸命に覆そうとしている、なのはに胸撃たれています・・・・・。

猛威を振るうジュエルシード・・・・・。

規模、戦力も不明な敵対勢力の登場・・・・・。

戦力の補充、情報収集もままならない孤軍・・・・・。

さらには、不本意な状況に巻き込みながら、無自覚のうえ足を引っ張り続ける、役立たずの淫獣まで・・・・・。

愛しい家族や親友に危害を及ぼさない・・・・・。

敵を過小評価せず、希望的観測を排し、最終防衛線を死守し続ける、薄幸の疑似美少女・・・・・。

あぁぁ感涙ぃぃぃ・・・・・。

見敵必殺、サーチアンドデストロイは、必須選択だというのに・・・・・。

ぜひユーノには、次回、責任と危機意識を、己の血と涙でたっぷり刻み込んでほしいものです~。

なおアレフは手足を折って封印、フェイトには人質作戦でジュエルシードを奪い、かつ武装解除のうえお持ち帰りが妥当かと・・・・・。

そして尋問と調教で、メロメロに・・・・・って18禁まっしぐらですね・・・・・。(汗)

勢いに任せ、見苦しい長文を寄せ、申し訳ありません。

大いに期待していますので、ぜひ完結までがんばってください~。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : らぶデス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/126-1e6e6bf2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

魔法少年ロジカルなのは4-3(2)

なるべく挑発的に笑顔を作って、

「馬鹿じゃないから」
「……あんたのその汚い口で、これ以上フェイトを……語るなぁあああああああああ!!!」

激怒を体現する荒々しい攻撃がなのはに襲い掛かった。きわどいところで回避に成功するが、空振った拳が地面に小さなクレーターを作る。冗談のような威力だ。直撃すればただでは済むまい。
アルフがなのはを飛び散る土砂越しに睨む。なのはが未だに浮かべているいけ好かない笑みがどうしようもなく癪に障り、アルフは牙をむき出しにして二度目の攻撃に移る。
左手を振りかぶり、狙うのは顔面だけだった。遠慮などない。こいつがフェイトに与えた苦痛をそのまま返してやる、アルフの頭の中はそんな言葉に埋め尽くされていた。

「だぁっ!」

今度は当たった。当たりはしたがなのはの腕が豪腕を受け流した。無論地面を穿つ衝撃を完全に無効化することはできず骨が鳴く。だが一向になのはの表情は崩れない。
不気味だ。
一瞬でも思ってしまった自分が情けなく、アルフは更なる追撃を、

「ぅ―――っつ!」

アルフは腕を引く。レイジングハートを握っていない左手が、まるで蛇が獲物を絞め殺すように腕をへし折ろうとしていた。目で捉えることもできないほど早い動作ではなかったが、それが間接を狙っていると気付くことが難しかった。
危険を感じたアルフは間合いをあけ、沸騰していた頭を冷やした。そして自分の目的を再確認する。別にここでなのはを倒す必要はない。フェイトがジュエルシードを封印するまで時間を稼げばいいだけだ。
攻勢に出る必要はない。なのはを倒すことができればそれは最善だったが、直接拳を交えた今はそれが難しいことが分かった。挑発に乗って本末転倒する訳にはいかない。

「……気付いた? なんだ、見かけによらずそんな馬鹿じゃないなぁ」
「はらわたは煮えくり返ってるけどね……! あんたは攻めが苦手なんだろ? だったら待ってるさ。どうせフェイトがきてくれればあんたなんてすぐにぶっ殺せる」

血がにじむほど手を握り締め、砕けるほど歯を食いしばり、アルフは舌戦に耐えた。しかしなのはは自分の作戦が看破されたと言うのに余裕の態度を崩さず、それどころがくつくつと笑い始めた。

「ふふっ……ふふふ、あはははははははは!」
「……何がおかしいんだい?」
「あははは、えっとね、やっぱりあなたは馬鹿だって思って」
「ふん、強がりはよしな。あんたには時間がないけど私にはある。あんたは守りで私は攻め。不利なのはどう考えてもあんた……」
「だから馬鹿だって言ったの。私が攻めが苦手? 自分が馬鹿力で攻めるしか能がないからって変なこと言わないで。私が得意なのは……」

直後、アルフの懐になのはが現れる。頭に迫りくる拳は、今度は目で捉えられなかった。早すぎる。直感だけで首をそらしてどうにか避ける。

「防御と、攻撃だよ」

避けられたのはアルフの直感が優れていたからでも、なのはの踏み込みが足りなかったからでもなく、なのはがそう狙ったからだった。
ぱっと握り締めていた左手を開くと中から砂塵が飛び散った。アルフは素早く目を閉じたが、細かい砂が多少入り込む。目が痛んでまぶたを開くことができない。
風が唸る音が聞こえた。それが振りかかるレイジングハートだと気付いたのは地面を転がった後だった。

「あぐっ!」
「ほら、寝っ転がってると危ないよ?」

白々しく忠告しながら、なのははうつ伏せになっているアルフの腹部を蹴り上げた。最初の一撃のささやかな復讐だ。

「げほっ……」
「ほら、早く起き上がらないと……ねっ」

もちろん立ち直らせる時間など与えない。力の限り背中を踏みつける。

「がっ!」
「あはは、エビみたい♪ でも跳ねてる暇があったら逃げればいいのに」

起き上がろうと震える腕を払い、レイジングハートの柄の先で手の平を突く。

「あうっ……ぁ……」
「ああもう、エビならエビらしく、手なんか使っちゃだめだよぅ」

ざりっ、ざりっとあがく脚の、膝を裏から踏みにじる。

「いぐっ!」
「だからって脚もだ~め」

これでもかというほど濃い殺気で満ちた視線をぶつけてくる頭のこめかみを、ぐりぐりと地面に擦り付ける。

「うあぁ……あ……ああ!! ……あ、あんたは、殺す……!!!」
「うん、多分無理だと思うけどがんばってね。じゃ、そろそろあの子を追いかけなきゃならないから」

レイジングハートの先端をアルフの後頭部に突きつける。本当に犬の耳をしているんだなぁと少しだけ興味もわいたが、すぐに同でも良くなった。
魔力を収束させる。

「そうだ、この魔法にも名前があるんだった」

頭の中に自然に浮かんでくる。まるでその名前を前から知っていたかのように。
英語のそれを、日本語の意味で認識したとき、なのはは失笑した。

「『神聖なる砲撃』か。皮肉かな」

構わない。神聖であっても呪われていたとしても、使えるならば。

「ディバイン・バス……」
『ちょぉおおおおおおおおおおおおおおおおっとまてぇええええええええええええええええええええええ!!!!』




……また、うるさいのが来た。




――――――――――――――――――――――――――――――




だが私は謝らな(ry

スポンサーサイト

4件のコメント

[C74]

>だが私は~
決して謝らないでください。
ありのままのあなたでいてください。
そんなあなたが、大好きです。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : 名無し鬼畜
  • URL
  • 編集

[C75]

>>レイジングハートの先端をアルフの後頭部に突きつける。
 
 大技を放つ前にマズ相手の動きを止める、基本に忠実な良い戦い方ですねw

>>『ちょぉおおおおおおおおおおおおおおおおっとまてぇええええええええええええええええええええええ!!!!』

 今読者と彼の心が一つにw(ってか殆どの人は似たような事思ったでしょうね…
 
 何となく思ったけど、アニメ版のフェイトはなのはと知り合って良く笑う様に成ったけど、コッチのフェイとはなのはに毒されて良く嗤う様に成りそうですねw
なんていうか(ア)『昔はあんなに素直な良い子だったのに』って感じで。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : Ques
  • URL
  • 編集

[C76] ハァハァ……(ぁ

私は軽度のサドです(挨拶

ちょw砂とかw古典的で大好きなのキタwww

>「ああもう、エビならエビらしく、手なんか使っちゃだめだよぅ」
>「だからって脚もだ~め」
モエス…。
御免。この台詞にマジ萌えwwwコレじゃなくてもイイから、こんな口調で原作のなのはにも一度言ってもらいたいwww

手を払って膝裏を踏んで、こめかみぐりぐりで、いや、ね? あの…まぁ、大きい声では言えないんですが、勃起……しちゃいましてね?w あのね、なのは、ちょっと俺にその踏んだりするのかわっt(# ゚∀゚);y=ー(・ω・)・∴ターン

>すぐに同でも良くなった。
どうでも、って平仮名でよくね?

>ディバインバスター
どうせなら外道バスターに解明しましょうよw あー外道は英語にすると異端とかを含めるヘレシーとかいう言葉になるのか…。ダサいなーw止めて置くべきか…w

>『ちょぉおおおおおおおおおおおおおおおおっとまてぇええええええええええええええええええええええ!!!!』
ちょー。ユーノー?やーめーてー。
ええとこやのにー(ぉ
リミッター解除して風呂除きに行った子が(失敗したけどw)、倫理とかで説教?笑えるwwwwww まったく私はさらなる外道を求めているのに…(ぁ

>だが私は謝らな(ry
結構です。むしろこんな良作を私達に有難う。これからも良い外道なのはをお願いします。

ノシノシ
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : ユキ
  • URL
  • 編集

[C77] 家族や親友を護るべく、最善を尽くす偽悪少年へ・・・・

館長さまへ

これまでARCADIAへのご投稿を待つように努めていましたが、我慢しきれずお邪魔させていただいています~。

フェイトとの遭遇戦、アルフの強襲と、自己の現状を冷静に見据え、戦略的な大劣勢を知略、痩せ我慢総動員で、懸命に覆そうとしている、なのはに胸撃たれています・・・・・。

猛威を振るうジュエルシード・・・・・。

規模、戦力も不明な敵対勢力の登場・・・・・。

戦力の補充、情報収集もままならない孤軍・・・・・。

さらには、不本意な状況に巻き込みながら、無自覚のうえ足を引っ張り続ける、役立たずの淫獣まで・・・・・。

愛しい家族や親友に危害を及ぼさない・・・・・。

敵を過小評価せず、希望的観測を排し、最終防衛線を死守し続ける、薄幸の疑似美少女・・・・・。

あぁぁ感涙ぃぃぃ・・・・・。

見敵必殺、サーチアンドデストロイは、必須選択だというのに・・・・・。

ぜひユーノには、次回、責任と危機意識を、己の血と涙でたっぷり刻み込んでほしいものです~。

なおアレフは手足を折って封印、フェイトには人質作戦でジュエルシードを奪い、かつ武装解除のうえお持ち帰りが妥当かと・・・・・。

そして尋問と調教で、メロメロに・・・・・って18禁まっしぐらですね・・・・・。(汗)

勢いに任せ、見苦しい長文を寄せ、申し訳ありません。

大いに期待していますので、ぜひ完結までがんばってください~。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : らぶデス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/126-1e6e6bf2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

コンテンツ

小説置き場

プロフィール


↑↑↑↑↑↑↑↑
訪問者

館長

Author:館長
住所・東北出身東北住まい。

職業・学生かも知れないし社会人かも知れないしNEETかもしれな(ry

趣味・読書、ネット巡り、雑学収集、アニメ鑑賞等々。

サイト情報・ニュースを紹介、小説を公開など。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。