Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C147] 返信

なんだか最近忙しく、明日明後日とある試験で忙しさがピーク。しかしそれが終わればこの後半年にも及ぶ余裕が確保できるかも知れないというこの状況。嬉しいのやら悲しいのやら。
というわけで更新が滞るわ返信がぐちゃぐちゃだわで申し訳有りませんが、明後日までには混乱も回復する……はず。


>ユキさん
>ウボァー(挨拶
ダヴォー(挨拶

>一日振りくらいなのに何だか随分久し振りな気分。これは真逆(まさか)、恋…!?
>つーわけで大好きです、かんちょーさん(最早、嫌がらせの域にある
べつに嫌ではない(ぉ

>>5-1(3)
>すずか。昔(1年時)は原作どおりの娘だったのかよw この間、原作見直したオレには信じられねえw
実はこの小説で一番性格が変わっているんじゃないかと思う。

>アリサ。あの時はガキだった、でも今、大人でもないらしいので、今はきっと女の子、あるいは乙女な訳ですね?少々、暴力的でチンコキック放つほどなのは君と僕の秘密だ。
自分のことを子どもだと分かっているなら、それは子どもでないという私の勝手な認識。

>すずかの台詞を遮るアリサ、モエス。
>そして強かに、黒く育ったすずかにモエス。
>あー、二人とも布団とかベッドの中で啼かせて見たい気分です(ぉ
二人はオレの嫁だからだめw

>二人のことを殴ッ血KIって気に入らなかったなのはが、二人の架け橋になった。良いねー。こういうのもw
外道じゃねーなーwww
何語だw

>>5-1(4)
>ユーノがMに目覚め始めたらしい5-1。
>虐められなくておかしいと気付く辺り、もう戻れないですねw
Mでエロで淫獣。もうだめかもわからんね。

>なのは。きっとイライラしてたんで、原作のアリサを引っ叩いたシーンは、腹部に蹴り入れてマウンドポジションでたこ殴りにした後、すずかの「止めてー」に「うざいんだけど」と返し、さらに殴り続けた所に祝、初反転したすずかが吸血鬼パワーでぶん殴って終結させる、というシーンが頭にイメージされた訳ですがwww
そこまでエグくないw

>そして何気に凹んでいるせいで、微妙に優しげ(と書いてまともと読む)な態度を示すなのはで絞め(違w
やっぱりなのはもショック。や、これくらいショックをうけないと本当になのはは何物なんだっていうはなしに、ねw

>今回もシリアス。いや、シリアス嫌いじゃないよ?
ん。個人的にこの話も好きだし、いー感じに展開してます。
なるだけ自然な展開にしたいと普段から心がけておりますが……難しいモノなんですね、やっぱ。

ノシノシ


>福茶さん
>なのは×フェイト
>館長さん、こんにちは 台風が関東・東海を直撃ルートです(意味無し
ワタクシ東北住まいですので。ビバ東北。でもあちぃ。

>ユーノ君…かなり染めれてますね。まあ、あまりまとも過ぎても規制獣…じゃない、寄生獣に乗っ取られて、どこかにフェレットの首が転がっている…なんて事を想像してしまいますが(笑)。
変身したフェレットはフェレットじゃない。フェレットの形をしたユーノだ。

>最近、なのは少年はツンデレではないかと思う、今日この頃…「ツン」の部分がエクスカリバー…でなくて、デスブリンガー並の強度と鋭さですが
>もし、フェイトがなのはの「ツン」、邪剣を叩き折る事に成功したら恋愛フラグ成立です。歴戦の勇者達(アリサ、すずか)を見習い頑張って欲しいものです(笑)。
ツンツンツンツンデレデレデレデレか、表すならば。つよきすのスバルってそういえば、なのはに近い感じがありますな。

>ちなみにアリサはテレで相手を殺せる程の「デレデレ」、ユーノは間違いなく「エロエロ」、すずかは…上手く表現できないや(汗)。
すずか……魔王(#´∀`);y=ー( ゚д゚)・∵. ターン



>とおりすがるさん
>なのはのトラウマはここのオリジナル設定でしたね。
>なのはがなんのトラウマを持ってるのかいまいち解ってなくて、最近まで原作の悲しい別れのことかなって勘違いしていました(そもそもアリサ死んでないし)
原作(とらハ)のアリサだったら……ねえ?

>3-2を読み返すと「子猫」がなにやらキーワードのようで、うずうずしながら待っておきますw
こ、このプレッシャー……シャアか!?(違う
  • 2006-08-08
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C148] フェイト、実は金持ち…ユーノは扶養家族なのに

 館長さん、こんにちは

 今回はフェイト・サイドのお話。でもアルフ、MP空になるほど回復魔法かけても全快しないとは…一体、どれだけ痛めつけたんだ? なのはは(汗)。 実はトドメを刺さない方が無慈悲なのでは無いだろうか?

 そしてフェイトの身体に残る過去の傷(鞭の痕)、傷跡を見たなのはが…
 「フェイトちゃん…そっち系の(趣味)人なんだ?(引き)」
 「違う…(怒)」
 ここのなのはだったら傷跡から獲物特定出来そうだから、ありそうで怖い(笑)。

 なのは=ツンデレ、アリサ=デレデレ、ユーノ=エロエロときて…すずかは清純風後発型冷酷魔王派美少女…めんどくさいからボスぅ「グシャッ」…
  • 2006-08-09
  • 投稿者 : 福茶
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/146-e214b216
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

魔法少年ロジカルなのは5-1(5)

鳴海市は港町としてそれなりの歴史があるのだが、その分商店街や町並みには煩雑な部分もあった。そのため中央区では大分前から区画整備が進んでおり、フェイトが仮住まいとするマンションもその計画の中で立てられたものだ。最新の技術を駆使して建築された高層集合住宅は、魔道建築学というこの世界には存在すらしない技術で作られたミッドチルダのものと比べるとかなり型遅れだったが、それでも高層ビルがほとんどない鳴海市では一際目立つ存在だった。

「ん~、こっちの食事の世界の食事も、まぁなかなか……悪くないよね」

そのマンションのダイニングキッチンで、アルフはスプーンで缶詰のドックフードを口に放り込んでいた。テーブルの上には空になった缶詰がいくつか転がっている。
なのはにやられた傷は大分良くなって、もう1人で食事を取ることもできる。飲み込むたび食道がわずかに痛み、少しでも動くと体のどこかが不調を訴えるものの、昨晩寝返りを打つだけでつらかったことからすれば驚異的な回復力と言えた。しかしそれは魔力を使い続けたからこそ実現したもので、肝心の魔力はもうほとんど空だ。完璧な回復にはあと一週間は必要だろうが、状況はそんな悠長を許しそうにない。

「さて、うちのお姫様はっと……おっと、忘れもの」

箱入りのスナック風ドッグフードを手にフェイトの部屋に向かう。廊下にはいくつもドアがあるが、それらのほとんどは空き部屋だ。このマンションは仮住まいとするには不必要なほどに広い。
だから家賃も一般人が見れば気絶するほどの額なのだが、その点は問題ない。フェイトのバックボーンであるプレシア・テスタロッサは今でこそ一線を退いた隠遁生活を送っているが、以前はその道に知らぬものなしと言われた天才魔導師である。両替は手間どったが、この世界の通貨にすればそれこそ使い切れないほどの額を持たされていた。もっともフェイトが欲しいものは母親の愛であり、皮肉にもいくらお金を積んだところでそれを手に入れることはできない。わずかな希望をたよりに、盲目的に母親の命令に従うしか方法は無いのだ。

「あ、また食べてない! だめだよ食べなきゃ」

部屋に入って開口一番、アルフは夕食が一切手をつけていないことを嗜めた。ベットの上に浮かない顔をして横になっていたフェイトが抑揚の無い声で言う。

「すこしだけど食べたよ。大丈夫」

とても大丈夫には思えない態度だったが、フェイトは態度で繕うつもりはなかった。精神がリンクしているアルフ相手ではそんなことをしても意味がないし、フェイトがするべきことが変わるわけではない。

「そろそろ行こうか。次のジュエルシードも大まかな位置特定は済んでるし、あんまり母さんを待たせたくないし」
「そりゃまあフェイトは私のご主人様で、私はフェイトの使い魔だから、いこうっていわれりゃ行くけどさ。私、まだあいつの攻撃から回復しきってないよ?」

それは弱音ではなく、フェイトを思いとどまらせるための材料に過ぎなかった。アルフ自身が言っているように、フェイトが行こうと言えば異議を唱えることはあっても最終的に拒否することはありえないのだ。むしろ行くと決まれば、アルフはフェイトが来るなといっても付いていく。魔力が無くても細かいサポートは可能だし、いざとなればフェイトから魔力を分けてもらえば戦闘の幅も一気に広がる。
フェイトは微笑んでドッグフードを指差した。

「それ食べ終わってからでいいから」
「いっ……!?」

慌ててどこかへやろうとするが、そんなことをすると中のドッグフードがこぼれてしまうので、結局アルフのひざの上に抱えられた。

「そ、そうじゃないよ! あたしはフェイトの心配をしてるの! 広域探索の魔法はかなりの体力使うのに、フェイトったらろくに食べないし休まないし……その傷だって軽くは無いんだよ?」

その傷、というのはなのはと戦って受けたものと、もう1つ、体中にある細い青痣だった。何かに打たれて起こった皮下出血が白く滑らかな肌になじんでしまっている。かなりの古傷だった。
フェイトはつらそうな顔をしてその傷を手で覆う。それは心の傷でもあった。

「平気だよ。私、強いから」

立ち上がると同時に漆黒のマントが現れ、翻る。

「フェイト……」
「さぁ、いこう。母さんが待ってるんだ」

フェイトの望みは母親の望みを叶え、愛してもらうこと以外に何もなかった。それを象徴するように、薄暗い部屋の中にはベッド以外の何も置いておらず、唯一味気ないライトスタンドが足元を照らしているだけだ。
この子には何もない。強く、可憐で、優しい、とてもいい子なのに、望んでいるものは何一つ与えられず苦しんでいる。
そう考えると本当ならば凛々しいはずの背中が、アルフの目にはとても儚く見えてしまった。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C147] 返信

なんだか最近忙しく、明日明後日とある試験で忙しさがピーク。しかしそれが終わればこの後半年にも及ぶ余裕が確保できるかも知れないというこの状況。嬉しいのやら悲しいのやら。
というわけで更新が滞るわ返信がぐちゃぐちゃだわで申し訳有りませんが、明後日までには混乱も回復する……はず。


>ユキさん
>ウボァー(挨拶
ダヴォー(挨拶

>一日振りくらいなのに何だか随分久し振りな気分。これは真逆(まさか)、恋…!?
>つーわけで大好きです、かんちょーさん(最早、嫌がらせの域にある
べつに嫌ではない(ぉ

>>5-1(3)
>すずか。昔(1年時)は原作どおりの娘だったのかよw この間、原作見直したオレには信じられねえw
実はこの小説で一番性格が変わっているんじゃないかと思う。

>アリサ。あの時はガキだった、でも今、大人でもないらしいので、今はきっと女の子、あるいは乙女な訳ですね?少々、暴力的でチンコキック放つほどなのは君と僕の秘密だ。
自分のことを子どもだと分かっているなら、それは子どもでないという私の勝手な認識。

>すずかの台詞を遮るアリサ、モエス。
>そして強かに、黒く育ったすずかにモエス。
>あー、二人とも布団とかベッドの中で啼かせて見たい気分です(ぉ
二人はオレの嫁だからだめw

>二人のことを殴ッ血KIって気に入らなかったなのはが、二人の架け橋になった。良いねー。こういうのもw
外道じゃねーなーwww
何語だw

>>5-1(4)
>ユーノがMに目覚め始めたらしい5-1。
>虐められなくておかしいと気付く辺り、もう戻れないですねw
Mでエロで淫獣。もうだめかもわからんね。

>なのは。きっとイライラしてたんで、原作のアリサを引っ叩いたシーンは、腹部に蹴り入れてマウンドポジションでたこ殴りにした後、すずかの「止めてー」に「うざいんだけど」と返し、さらに殴り続けた所に祝、初反転したすずかが吸血鬼パワーでぶん殴って終結させる、というシーンが頭にイメージされた訳ですがwww
そこまでエグくないw

>そして何気に凹んでいるせいで、微妙に優しげ(と書いてまともと読む)な態度を示すなのはで絞め(違w
やっぱりなのはもショック。や、これくらいショックをうけないと本当になのはは何物なんだっていうはなしに、ねw

>今回もシリアス。いや、シリアス嫌いじゃないよ?
ん。個人的にこの話も好きだし、いー感じに展開してます。
なるだけ自然な展開にしたいと普段から心がけておりますが……難しいモノなんですね、やっぱ。

ノシノシ


>福茶さん
>なのは×フェイト
>館長さん、こんにちは 台風が関東・東海を直撃ルートです(意味無し
ワタクシ東北住まいですので。ビバ東北。でもあちぃ。

>ユーノ君…かなり染めれてますね。まあ、あまりまとも過ぎても規制獣…じゃない、寄生獣に乗っ取られて、どこかにフェレットの首が転がっている…なんて事を想像してしまいますが(笑)。
変身したフェレットはフェレットじゃない。フェレットの形をしたユーノだ。

>最近、なのは少年はツンデレではないかと思う、今日この頃…「ツン」の部分がエクスカリバー…でなくて、デスブリンガー並の強度と鋭さですが
>もし、フェイトがなのはの「ツン」、邪剣を叩き折る事に成功したら恋愛フラグ成立です。歴戦の勇者達(アリサ、すずか)を見習い頑張って欲しいものです(笑)。
ツンツンツンツンデレデレデレデレか、表すならば。つよきすのスバルってそういえば、なのはに近い感じがありますな。

>ちなみにアリサはテレで相手を殺せる程の「デレデレ」、ユーノは間違いなく「エロエロ」、すずかは…上手く表現できないや(汗)。
すずか……魔王(#´∀`);y=ー( ゚д゚)・∵. ターン



>とおりすがるさん
>なのはのトラウマはここのオリジナル設定でしたね。
>なのはがなんのトラウマを持ってるのかいまいち解ってなくて、最近まで原作の悲しい別れのことかなって勘違いしていました(そもそもアリサ死んでないし)
原作(とらハ)のアリサだったら……ねえ?

>3-2を読み返すと「子猫」がなにやらキーワードのようで、うずうずしながら待っておきますw
こ、このプレッシャー……シャアか!?(違う
  • 2006-08-08
  • 投稿者 : 館長
  • URL
  • 編集

[C148] フェイト、実は金持ち…ユーノは扶養家族なのに

 館長さん、こんにちは

 今回はフェイト・サイドのお話。でもアルフ、MP空になるほど回復魔法かけても全快しないとは…一体、どれだけ痛めつけたんだ? なのはは(汗)。 実はトドメを刺さない方が無慈悲なのでは無いだろうか?

 そしてフェイトの身体に残る過去の傷(鞭の痕)、傷跡を見たなのはが…
 「フェイトちゃん…そっち系の(趣味)人なんだ?(引き)」
 「違う…(怒)」
 ここのなのはだったら傷跡から獲物特定出来そうだから、ありそうで怖い(笑)。

 なのは=ツンデレ、アリサ=デレデレ、ユーノ=エロエロときて…すずかは清純風後発型冷酷魔王派美少女…めんどくさいからボスぅ「グシャッ」…
  • 2006-08-09
  • 投稿者 : 福茶
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kantyou.blog40.fc2.com/tb.php/146-e214b216
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

コンテンツ

小説置き場

プロフィール


↑↑↑↑↑↑↑↑
訪問者

館長

Author:館長
住所・東北出身東北住まい。

職業・学生かも知れないし社会人かも知れないしNEETかもしれな(ry

趣味・読書、ネット巡り、雑学収集、アニメ鑑賞等々。

サイト情報・ニュースを紹介、小説を公開など。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。